2017/05/29 14:35:29 | r_esgueva

誰でも土地を売却する時は、出来るだけ高く売りたいと考えるものです。
土地をより高値で売るためにはどうしたら良いのかということを考えておくことも大事なポイントと言えます。
土地売却を高値で行うときのコツとして、タイミングを見て情報を開示する事が肝要です。
欠点は正直に開示することで欠点ではなくなることで、買主側には、その土地に関する情報を出来る限り知りたいという気持ちがあることを忘れてはいけません。
土地の状況や立地、情報、問題点奈などが理解できない場合には、買主は必ず購入をためらいます。
なので、その土地に関しての情報は、状況に応じてできるだけ開示しておくべきと言えます。
土地売却において、リスクをあえて開示する必要があるのかどうかというのは難しいところですが、その不動産の長所や魅力と共にリスクも詳細に情報開示しておくことで買主の不安は確実に少なくなります。
情報が少なければ、買主は後々土地に問題が見つかった際の損害を考えるために良い値下げ交渉の材料となってしまいます。
例えリスクを隠したとしても、その隠していた土地の欠点が後々発覚してしまったときに必ず問題になるので、分かる限りの情報は伝える姿勢を持つと良いです。
合わせて土地の歴史を知っておくことや近隣トラブルなどがある場合は、出来るだけ解決しておくと良いです。
売主に語れる物件の魅力を調べておくことも土地を出来るだけ高く売却する方法の一つと言えます。

 

【おすすめサイト】
損をしない土地売却の方法とは?賢く売る方法をお伝えします