2017/05/29 14:35:29 | r_esgueva

誰でも土地を売却する時は、出来るだけ高く売りたいと考えるものです。
土地をより高値で売るためにはどうしたら良いのかということを考えておくことも大事なポイントと言えます。
土地売却を高値で行うときのコツとして、タイミングを見て情報を開示する事が肝要です。
欠点は正直に開示することで欠点ではなくなることで、買主側には、その土地に関する情報を出来る限り知りたいという気持ちがあることを忘れてはいけません。
土地の状況や立地、情報、問題点奈などが理解できない場合には、買主は必ず購入をためらいます。
なので、その土地に関しての情報は、状況に応じてできるだけ開示しておくべきと言えます。
土地売却において、リスクをあえて開示する必要があるのかどうかというのは難しいところですが、その不動産の長所や魅力と共にリスクも詳細に情報開示しておくことで買主の不安は確実に少なくなります。
情報が少なければ、買主は後々土地に問題が見つかった際の損害を考えるために良い値下げ交渉の材料となってしまいます。
例えリスクを隠したとしても、その隠していた土地の欠点が後々発覚してしまったときに必ず問題になるので、分かる限りの情報は伝える姿勢を持つと良いです。
合わせて土地の歴史を知っておくことや近隣トラブルなどがある場合は、出来るだけ解決しておくと良いです。
売主に語れる物件の魅力を調べておくことも土地を出来るだけ高く売却する方法の一つと言えます。

 

【おすすめサイト】
損をしない土地売却の方法とは?賢く売る方法をお伝えします

2017/05/26 11:10:26 | mu_espina

不動産屋は数が多いため選ぶ際に迷いやすいですが、知名度が高い会社が経営していると安心して決める傾向があります。住宅物件を購入する時は様々な項目で費用がかかるため、仕組みを確かめて納得をしてから選ぶことが重要です。家族で生活をする場合は新築一戸建て住宅を選ぶと同じ場所で長く安心して暮らせますが、初期費用が高いため失敗をしないように決める必要があります。物件に関する情報はスタッフに確認し、アドバイスを参考にすると安心して暮らせるために効果的です。
不動産屋はより多くの利用者を集めるためネットや街頭などに広告を出す傾向があり、内容をそのまま信じて利用する傾向があります。住宅物件は仲介手数料や保険など様々な費用がかかり、仕組みを把握していないと支払う必要がない金額を請求される場合もあるため注意が必要です。スタッフの仕事はノルマが課されているため何としても売ろうとする傾向があり、安心して利用できるかどうか確かめて物件を探す必要があります。
不動産屋を選ぶ時の注意点は信用できるかどうか確かめて利用し、事前に口コミや評判などを参考にして情報を把握してから決めることが大事です。住宅物件は価格が高いため多くのお金がかかると認識されがちですが、仕組みを知らないと余分な経費を請求される場合もあります。不動産関連の情報は住宅物件を購入するために覚えるべきことであり、焦って契約をしないように流れを正しく決めることが重要です。

2017/05/23 14:40:23 | mu_espina

引っ越しを予定していたのでネットに載っていた物件が気に入って担当の大手不動産屋に電話してみました。

 

するとその情報は古いものなので今はもう取り扱ってないのだとか…。
それが本当かどうかはわかりませんが…。
でも引っ越しを急いでいたので早くに物件を探さないといけない趣旨を伝えると、では後ほど良さそうな物件を数件FAXで情報をお送りします。と回答がありました。

 

その時は外出していたので数時間後自宅に戻るとFAXは一枚も来ていませんでした。
この不動産屋がやる気がなかったのか、安い物件なのであしらわれたのか分かりませんが、
今度は違う不動産屋に行くことにしました。

 

その後数日で良い物件に巡り合うことが出来て1月後に引っ越しをしました。
引っ越しをして数日たったある日の事、外出から戻ってくるとあの不動産屋からFAXが送られていました。良い物件がありました。是非ご検討ください。と書いてありました。「後ほど」が1ヶ月後って…遅すぎてはっきり言って引きました。

 

不動産屋に、もう引っ越したので良いですという事を電話で伝えました。

 

それから数週間後、外出から帰るとまたFAXが送られていました。
良い物件がありました。是非ご検討ください。よろしくお願いします。と書かれていて、その物件は以前FAXで送られていた物件と全く同じでした。

 

今度はその不動産屋の店長に電話でお断りを入れたのでFAXは来なくなりました。
なんだか気持ちが悪かったです。デジャブか世にも○○な物語りか…って感じでした。

2017/05/22 12:30:22 | mu_penafiel

不動産屋は住みやすい物件を探すために信頼できることを確かめて決め、今後の生活を安心して暮らしやすくすると満足できます。住宅物件は価格が高くできるだけ長く安心して過ごせることを確かめ、スタッフと気軽に相談しやすくすると決めるきっかけをつかめるため便利です。物件を購入する時期の決め方は収入の状況を踏まえ、最適な住宅ローンを選ぶと金銭計画を立てやすく安心できます。ローンは利息がかかるため金利の状況を確かめ、収入の状況に合わせて返済方法を決めることが大事です。
不動産屋は大手の会社が経営していると安心して利用しやすいですが、店によってサービス内容が違うため事前に口コミや体験談を参考にして選ぶ方法が望ましいです。住宅物件は土地の価格の変動の情況を確かめてチャンスを逃さないようにすることを心がけ、今後の生活を安心して暮らせるように決める必要があります。不動産情報はサイトを参考にすると最新の動向を把握でき、土地の価格の状況を確かめてチャンスを活かすと満足して暮らせる環境を確保できるため効果的です。
安心して利用できる不動産屋を選ぶポイントは信頼や実績があることを確かめ、今後の生活のスタイルに合わせて住みやすい物件を探すきっかけにすることです。土地の価格は時期によって大きく変動しやすく、主要駅周辺などの一等地は上がる傾向があるため住みやすい場所を選ぶと安心できます。住宅物件は設備の耐用年数を確かめてリフォームをする時期を決め、今後の生活を安心して過ごしやすくすることが大事です。

2017/05/21 18:45:21 | mu_tordehumos

引っ越しや新築、建物・土地の売却など、人生の大事な時には不動産屋さんにお世話になることが多いですよね。家族ぐるみで付き合いのある不動産屋があれば、いろいろ融通が利くのでしょうが、そのような付き合いのある不動産屋が無い場合もあるでしょう。そんな時はどのように不動産屋を選べばいいのでしょうか。
街を歩いて探したり、友人に紹介してもらうのも良いですが、手間がかかりますし気も使います。そんな時はやはりホームページを調べるのが一番ですね。HPを見るときは、更新が頻繁に行われているかチェックしましょう。良い所はきちんと更新日を明記し、常に更新されています。しかし、ずぼらな所になると、何年の前の物件情報がそのままになっていたり、いつまでも工事中の場合があります。過去にHPで良い物件を見つけ不動産屋さんに尋ねに行ったことがあるのですが「その物件は1年前に売れましたよ」と言われたことがありました。その時の不動産屋の顔は明らかに人を馬鹿にしたような感じで、向こうのミスなのにそんな態度をされるとは。もう二度とその不動産屋とは関わらないことを決めました。
別のある不動産屋のHPでは物件情報がこまめに更新されており、豊富な写真、動画まで用意されていました。そこのHPにはオーナーの日記もあり、人柄がわかるような作りでした。実際にそこに行ってみると、実に良い対応でこちらの要望に応えてくれました。
基本的なことですが、ホームページはその会社のエントランスといえるものです。そこが適当なら中身も知れたもの。しっかりチェックしておきましょう。